三国峠

群馬側から三国峠を目指す。

車は麓の温泉町の駐車場に入れ、そこからMTBで舗装路を数kmを上る。

峠のトンネルの数百m手前に、落石防止の壁が切れているところがあり、そこを覗くと、旧三国街道の道しるべがあり、そこから山に入る。

山道は険しく、ほとんどが自転車を担がないと登れない。

やっと自転車に乗れる道まで来ると、そこからは快適な山道が続く。

途中の東屋から左に急なのぼり道があり、登山者でも大変だろうと思われるその坂道を自転車を担いでさらに登る。

すると、急に平坦な道が忽然と姿を現す。

ココからが最高のコースになっていた。

若干の登り返しはあるものの、大体が快適なくだり。

途中にジェットコースターのようなギャップもあれば、落ち葉を踏みしめるシングルトラックありで、MTBに乗っていて良かったと思う瞬間だ。

しばらく楽しんだ後、最後はかなり厳しいつづら俺の下り坂。

ターンはほぼ300度で乗ったままの折り返しが出来ない。

ここはコース改造をすれば最高のトレイルなるだろうけど、今回は無理なんで次回、、、って、勝手に改造していいのか?

走り終えてみれば、碓氷峠からのコースをさらに良くしたトレイルで、今までの中でも5本の指に入る快適コースだった。

 

まだまだあるんだね、探せば、いいものが。

 

このブログ記事について

このページは、シェフドが2009年9月29日 23:44に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「たまには料理関係の日記をうっぷ」です。

次のブログ記事は「パエリア」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。